一般住宅

雨漏り修理もお任せ下さい!

ヨシノ工業株式会社では、公共施設・マンション・ビルなどの大規模工事だけでなく、一般住宅の雨漏り修理も行っております。
雨漏りの状況を調査したうえで、 建物に最適な修理方法・防水工法をご提案させて頂きます。

雨漏りで天井にしみなどができている場合、 しみができている場所の真上の他、壁やその周辺から雨漏りしている事があります。

場合によっては、天井のしみのあるところから数メートルも離れた場所から雨漏りし、水が天井裏の梁を伝い、現状の箇所へ雨漏りしている事もありますので、原因を特定しにくい場合もあります。

雨漏りが進むと、建物は大きなダメージを受けます。
天井や壁が汚れたり、カビが発生する原因になったり、家具や家財にも影響が出るケースがあります。
居住に関係のない箇所の雨漏りでも、建物の躯体にダメージを与えかねません。

建物の寿命を想定した修繕計画を

大切なマイホームをいつまでも快適な状況で維持させるためには、定期的なメンテナンスが必要不可欠です。

防水材料には耐用年数があります。
通常10年を過ぎた頃から劣化が目立ち始めます。
耐用年数が切れる前にメンテナンスを行うことが、工期とコストを最低限に抑える事ができます。

防水層の機能が完全に失われてからの改修は、建物の躯体補修や下地調整、廃棄物の処理に思わぬ費用や時間がかかってしまいます。

天井にしみを発見したら、お早めにご相談ください。

ページの先頭に戻る